EC-CUBE4 管理・運用マニュアル / 4.2.0 版

EC-CUBE4 フロント機能

EC-CUBE4に標準装備されている基本ページ

EC-CUBE4をデフォルトインストール(初期設置)すると、以下の様なECサイトがすぐに使えるようになります。

買い物をするユーザーが見る基本のページは

  • サイトトップ
  • 商品一覧ページ
  • 商品詳細ページ
  • MYページ
  • 当サイトについて
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に基づく表記
  • お問い合わせ

です。

その他、ユーザーのログイン画面やお買い物をする際に支払方法や配送先を入力するカゴの中ページや注文内容の確認ページも(カートフロー画面)標準装備されています。これらユーザー側が見るページを総称して「フロント画面」と呼んでいます。

一方、ECサイトオーナー(管理者)が商品登録や受注管理など様々なECサイトの管理操作をするページを「管理画面」と呼んでいます。

ワンポイント

EC-CUBE4に実装されている全フロントページは以下となります。
※本マニュアルサイトの「コンテンツ管理>ページ管理」 参照

  • TOPページ
  • 商品一覧ページ
  • 商品詳細ページ
  • MYページ
  • MYページ/会員登録内容変更(入力ページ)
  • MYページ/会員登録内容変更(完了ページ)
  • MYページ/お届け先一覧
  • MYページ/お届け先追加
  • MYページ/お気に入り一覧
  • MYページ/購入履歴詳細
  • MYページ/ログイン
  • MYページ/退会手続き(入力ページ)
  • MYページ/退会手続き(完了ページ)
  • 当サイトについて
  • 現在のカゴの中
  • お問い合わせ(入力ページ)
  • お問い合わせ(完了ページ)
  • 会員登録(入力ページ)
  • ご利用規約
  • 会員登録(完了ページ)
  • 特定商取引に関する法律に基づく表記
  • 本会員登録(完了ページ)
  • 商品購入
  • 商品購入/お届け先の指定
  • 商品購入/お届け先の複数指定
  • 商品購入/ご注文完了
  • プライバシーポリシー
  • 商品購入ログイン
  • 非会員購入情報入力
  • 商品購入/お届け先の追加
  • 商品購入/お届け先の複数指定(お届け先の追加)
  • 商品購入/購入エラー
  • ご利用ガイド
  • パスワード再発行(入力ページ)
  • パスワード再発行(完了ページ)
  • パスワード再発行(再設定ページ)
  • 商品購入/お届け先変更
  • 商品購入/ご注文確認

EC-CUBE4を完全にオリジナルデザインとする場合、上記全ページをカスタマイズする必要がありますが、ページ数もそれなりの数になります。フルデザインテンプレート化には全ページのデザイン及びコーディングが必要となりますので工数も増大します。

低コストで仕上げるサイトの場合、

  • TOPページ
  • 商品一覧ページ
  • 商品詳細ページ

をオリジナルデザイン化して、

  • 当サイトについて
  • ご利用規約
  • 特定商取引に関する法律に基づく表記
  • プライバシーポリシー
  • 商品購入ログイン
  • ご利用ガイド

あたりのコンテンツページのテイストをTOPページに合わせた雰囲気として、それ以外は、ほぼデフォルトのままとするケースが多いのではないかと思います。

運用中のショッピングサイトで、カートフローやログイン、会員登録画面を見ると、何となくEC-CUBE4だなぁ、と分かったりします。

基本ページのみオリジナルデザイン化するか、フルデザイン化するかは、ご予算との相談といったところでしょうね。

1 サイトトップ

EC-CUBEデフォルトトップページ

デフォルト設置のEC-CUBE4サイトトップ画面です。

EC-CUBE4系ではフロント画面レイアウトの仕様が大幅に変更され、「PC版」と「モバイル版(スマートフォン)」のブロックレイアウトを個別に配置する事が出来るようになりました。

EC-CUBE3系から、デザインテンプレートがレスポンシブコーディングになりましたので、特にサイト内コンテンツが多い中~大規模サイトでは、PC用とスマートフォン用の表示を共通のブロック配置では表現が困難な場合があり、スタイルシートでPC用、SP用などの表示レイアウトを切り替えるような事をしなければなりませんでしたが、EC-CUBE4系からは、管理画面上からブロックのレイアウト配置を各端末向けに個別に指定する事が出来るようになりました。

※PC版とSP版で、共通ブロックの配置はレスポンシブで、ある程度表示追従できますが、PC版とSP版で細かくデザインを変更する場合は、やはりCSSでPC表示、SP表示に特化したコーディング調整を行う必要がある場合があります。

また、EC-CUBE4では、「TOPページ」と「下層ページ」で別々にレイアウト管理画面が用意されましたのでサイト全体のブロック配置(レイアウト設定)の作業性が向上しています。

  • head~/headタグ内
  • bodyタグ直後
  • #header
  • #contents_top
  • #contents_bottom
  • #main_top
  • #main_bottom
  • #side_left
  • #side_right
  • #footer
  • #drawer
  • /bodyタグ直前

の12エリアがあります。

EC-CUBE4デフォルトで用意されているブロックは

  • カート
  • カテゴリ
  • カテゴリナビ(PC)
  • カテゴリナビ(SP)
  • 新入荷商品特集
  • フッター
  • ヘッダー(商品検索・ログインナビ・カート)
  • ログインナビ(共通)
  • ログインナビ(SP)
  • ロゴ
  • 新着商品
  • 新着情報
  • 商品検索
  • トピック

14個のブロックが標準で用意されています。

管理画面の「コンテンツ管理>ページ管理」でEC-CUBEに準備されている各ページのレイアウト編集画面でブロックを配置することで、フロント側のデザインが形成されるようになっています。

デフォルトで用意されている14個のブロックのうち、新入荷商品ブロック、新着商品ブロック、トピックブロックの3個は、ブロック内を編集して固定の情報を表示するだけの、いわばダミー的なブロックとなっています。それ以外のブロックは管理画面の操作に応じて、動的に表示が変わるようにプログラムされた専用のブロックですので、編集はやや難易度があがります。

動的な機能を持つプログラムで作られたブロックは、編集を間違えると動作しなくなるので、プログラムが分からない場合は安易に削除したり編集しないようにしましょう。

編集する時は直ぐに元に戻せるように、ブロック内の記述をテキストエディタなどにコピー&ペーストして保存しておきましょう。

特殊な機能を持ったブロックなどは、EC-CUBEオーナーズストアなどで配布されているプラグインを導入することで、EC-CUBE4のフロント画面上に簡単に新しい機能ブロックを追加できるものもあるので、ショップ運営の必要に応じてプラグインを導入して、フロント表示を賑やかにしたり、閲覧ユーザーの利便性を向上したりECサイトを充実させていくことが出来ます。

ワンポイント

例えば、新着情報に過去トピックス一覧ページを作りたい!

登録済の商品から選択するようにしてオススメ商品を表示するブロックを設置したい!

新着情報の登録情報と連動した営業日カレンダーを設置したい!

・・・などなど、色々とデフォルトのままでは、表現しきれない部分なども出てきます。

そのような場合は、EC-CUBE4の機能プラグインを導入したり、プラグインだけでは実現出来ない機能の場合、プログラム本体をカスタマイズ(改造)することで、物理的に動作や運用ルールに矛盾が無い限り、殆どの新しい動作を実現することができるようになります。

ASPサービスなどのレンタルカートでは実現できなかった独自機能を追加して、競合の他ショップと利便性で差を付けたり、受注管理などバックヤードの運用フローを自社の管理システムと連携させて業務効率化により、運用コストを下げ、利益率を向上させるなど、柔軟に要望を満たせることもオープンソースならではの魅力ですね。

2 商品一覧ページ

EC-CUBEデフォルト商品一覧ページ

EC-CUBE4の商品一覧ページです。商品カテゴリーから目的のカテゴリーをクリックすると、そのカテゴリーに登録されている商品が一覧表示されます。

一覧ページには

  • 商品画像
  • 商品タイトル
  • 商品コメント(※初期値は非表示)
  • 販売価格
  • 商品規格選択(規格登録がある場合)
  • 購入数量入力欄
  • カートに入れるボタン

が一つの「商品枠」として一覧表示されます。

それぞれの商品情報枠(画像など)をクリックする、その商品だけの詳細な説明ページ「商品詳細ページ」へ移動します。

EC-CUBE4では商品一覧ページからダイレクトに規格選択してカートに商品投入する事ができ、カート内へページ遷移せずに画面上にカート投入の ポップアップが表示するだけにUI変更されましたので複数商品の購入でも連続してスムーズにお買い物が出来るようになりました。


EC-CUBE商品一覧ページ

商品の在庫数がゼロとなった場合、自動で「ただいま品切れ中です。」と表示されカートに商品を入れることはできなくなります。

商品の在庫数設定を「無制限」に設定することもできます。その場合、品切れ中表示はされません。

ワンポイント

商品一覧ページでご要望が多い改造で「商品の見せ方」というのがあります。やはり商品を陳列している最初の入り口的なページですので「おっ!」と 興味を惹かせるような見せ方や並べ方を必要とするのでしょうね。

EC-CUBE4のデフォルトでは商品一覧の1ページに4列5段のレイアウトデザインで商品が一覧表示されます。デフォルトの状態では1ページ内の商品表示数が20件となっています。
商品一覧ページの最大表示件数設定変更は、管理画面の「マスターデータ管理」を参照してください。

また商品の並び替えも可能です。デフォルトでは「価格が低い順」で表示されていますが、「価格が高い順」や「新着順」で並び替えることもできます。

3 商品詳細ページ

EC-CUBEデフォルト商品詳細ページ

EC-CUBE商品詳細ページタグ

EC-CUBE4の商品詳細ページです。

商品詳細ページに表示される項目は、

  • 商品名
  • タグ
  • 商品画像+サムネイル画像・・・画像登録無制限
  • 通常価格
  • 販売価格
  • 商品コード
  • 関連カテゴリ
  • 規格1、規格2選択プルダウンBOX
  • 数量入力BOX
  • 商品説明
  • フリーエリア

の項目を表示することが出来ます。

EC-CUBE商品詳細ページ

商品の在庫数がゼロとなった場合、自動で「ただいま品切れ中です。」と表示されカートに商品を入れることはできなくなります。

商品の在庫数設定を「無制限」に設定することもできます。その場合、品切れ中表示はされません。


EC-CUBEではよく「カスタマイズ(改造)」という言葉が出てきますが、

  • デザインの変更・・・商品を魅力的に見せる為に、デザインテンプレートをカスタマイズ。
  • 動作の変更・・・割引表示など商品特性や販売形態に合わせるなど、ご要望の動きになるようにプログラムをカスタマイズ。
  • 設定の変更・・・設定可能な範囲で、ご要望の見た目や動きになるように設定を変更。

というように実現させたい目的に応じて手を加える部分がそれぞれ異なりますし、場合によっては全てを変えなければならない事もありますが、 ご要望の仕様に矛盾が無く技術的に実現可能な範囲においては、ほとんどのご要望を実現することが可能です。 なかなかイメージも湧きにくいと思いますので、具体的に幾つか例をあげてみましょう。

  • 商品メイン画像のサイズを変えたい・・・設定、レイアウトの変更など、テンプレートのカスタマイズ
  • 商品一覧ページの表示レイアウトを変えたい・・・設定、レイアウトの変更などテンプレートのカスタマイズ
  • タグの追加変更・・・設定変更
  • 商品の注文個数に応じて販売価格を割引したい・・・プログラムのカスタマイズ、プラグインの導入
  • 商品に設定できる規格を増やしたい・・・プログラムカスタマイズ
  • 一番売れている上位10商品の情報を自動的に表示させたい・・・プログラム、テンプレートカスタマイズ

など、目的や取り扱う販売商材や販売形態によっては、どうしても基本機能では対応できないことがりますが、その場合もあきらめずにカスタマイズの方向を模索すると実現させる方法が見つかるかもしれません。

4 マイページ

マイページ購入履歴一覧

EC-CUBE4のマイページです。

マイページでは、会員登録したユーザーさんがログインして、自分の過去購入履歴の確認や配送先設定、登録した会員情報の編集などを行う為のユーザー個人のページです。

マイページに表示される項目は、

  • ご注文履歴・・・過去の注文履歴
  • お気に入り一覧・・・商品詳細ページでお気に入りに追加した商品一覧
  • 会員情報編集・・・登録した会員情報の編集
  • お届け先一覧・・・お届け先の登録編集
  • 退会手続き・・・会員の退会手続き

の項目をユーザーが利用する事が出来ます。

マイページ内の機能詳細については、本マニュアルサイトの「マイページ機能」を参照してください。

ワンポイント

主要フロント画面の表示に関連する、管理機能は

  • 商品管理
  • コンテンツ管理
  • 設定

です。

執筆協力パートナーご紹介

株式会社シロハチ

株式会社シロハチ

自由な発想で、お客様のご要望にレスポンス良くお答えいたします。深夜作業対応など、他社対応不可な部分などでもご相談ください。

PAGE TOP