EC-CUBE 構築・導入事例 /
化粧品ECサイト

化粧品

パーソナライズ×D2Cのトップランナー Sparty 様の代表ブランド
「MEDULLA」が挑戦する 「美容室のDX」インタビュー。

  • 株式会社Sparty 執行役員上原 涼子様

    株式会社Sparty 執行役員 /
    Head of Beauty Brands
    上原 涼子様

体調や生活リズム、季節によっても揺らぐ髪の悩み。「パーソナライズ×D2C」を基軸とした事業を展開するSparty様では、5万通りの組み合わせから、10の質問に答えるだけでカスタマイズされたシャンプー・リペアを届けるというサービス「パーソナライズヘアケア MEDULLA」をEC-CUBEをベースに、自社内で開発・運営し、提供されています。
お手入れの大半を占める日頃のホームケアを、いかにより良いものに変革するか。「美容室のDX」というテーマを元に 株式会社Sparty 執行役員/Head of Beauty Brands 上原 涼子 様にインタビューしました。

-はじめに「MEDULLA」のサービスについて教えて下さい。

オンライン上で髪質診断を行っていただき、お客様にあったシャンプー・リペアを毎月お届けするサービスです。毎回、香りや処方はアップデートできます。例えば、夏にかけて頭皮のべたつきが気になる、ロングヘアで毛先ケアを重視していたけれどバッサリ髪を切りパーマもあてたので、今度は軽やかなふわふわした手触りにしたい、などです。
次回のカウンセリングは、マイページ上で、担当スタイリストとコミュニケーションをとりながら行うことができます。登録されたデータは、自社で運営しているサロンで施術前に確認することで、最適なケアをご提供しています。

なりたい髪のカウンセリングシーン

なりたい髪のカウンセリングシーン

人気3業界の成功のポイント 気をつけるべきポイント

-お客様がマイページをご覧になるタイミングは。

商品が届いた際に、処方に関する説明書のQRコードやメールにて、マイページをご案内しています。次回、商品をご準備するまでの間にカウンセリングを受けていただき、香りや処方を定期的にアップデートいただくことで、社内のカウンセリングチームにてデータを分析し、よりご満足いただけるよう工夫して、新しい処方をご提案しています。

「MEDULLA」プラットフォーム

-この「MEDULLA」のプラットフォームが、EC-CUBEで構築されているんですね。

はい。「MEDULLA」のプラットフォームはEC-CUBEをベースに、社内のエンジニアが内製して作りました。EC-CUBEにはECに必要な機能が標準でそろっており、フルスクラッチで作るよりも早く立ち上げできました。

-日頃の運用としてはいかがでしょうか?

ECサイトやカスタマーセンターからの要望も、早いものではその日中に改修されるなど、スピーディに対応できています。
お客様の嬉しい声、厳しい声などのフィードバックを全社で見ており、それにいち早く応えたいという想いから、エンジニアが前のめりに拾いに行ってくれていると感じています。

-改めて、EC-CUBEを導入された感想をお聞かせください。

他のカートではカスタマイズができる機能に制限がありますが、EC-CUBEはどこまでも柔軟にカスタマイズができたことが有難かったです。現在、「MEDULLA」以外のサービスの立ち上げ・運用にも、EC-CUBEを活用しています。

-最後に、化粧品など美容系のEC構築において、意識すべき点等、
これから作られる方へのアドバイスがあればお願いします。

クラウド系のカートツールを使うことでとても簡単にECサイト自体はつくれます。一方で、ECサイトは世に溢れており、中には売上がないサイトも存在します。商品力・価格・デザインなどで差別化をはかり、本質的なブランド価値を創造することが重要と考えます。そのうえで、集客についてはロジカルに仮説と検証を繰り返し、PDCAをまわしていくことが大切です。広告やSNSマーケティング、オフライン展開など手段はたくさんありますので、自身の商材やブランドに合った方法を確立していきましょう。

株式会社Sparty 執行役員上原 涼子様

株式会社Sparty 執行役員 / Head of Beauty Brands
上原 涼子様

化粧品業界の構築事例を見てみよう

他の人気業界の記事も
合わせて確認する

EC-CUBEの事例の中でも登録数の多い、アパレル、食品業界。EC構築において工夫した点や、これから作られる方へのアドバイスなどを分かりやすくまとめたインタビュー記事になっています。ぜひ合わせてご確認ください。