【要確認!2024年2月から】Gmail送信者ガイドラインが変更!
EC-CUBEでの対策方法を解説いたします【5000件/日配信の事業者は対応必須】

【2024年2月から】Gmail送信者ガイドラインが変更!EC-CUBEでの対策方法を解説いたします【5000件/日配信の事業者は対応必須】

EC-CUBEをご利用のみなさまはすでにご承知の方も多いかと思いますが、2024年2月以降、新しい「メール送信者のガイドライン」が施行されます。

今回は「メール送信者のガイドライン」とその対策についてご紹介をします。

目次アイコン もくじ

EC-CUBEでどんなネットショップがつくれるの? EC-CUBE導入事例を見る

Gmailガイドライン変更とは何か

昨年、2023年10月、Googleの「メール送信者のガイドライン」が発表されました。こちらはGmailにおいて、2024年2月以降に施行されるものであり、Gmailアカウントに1日あたり5,000件以上のメールを送信する送信者に対しての措置です。

Google社は

  1. 送信メールを認証すること
  2. 未承諾のメールまたは迷惑メール送信しないようにすること
  3. 受信者がメールの配信登録を容易に解除できるようにすること

送信者に対しこの3つを義務づけることを発表しています。

Gmailガイドライン変更の背景

Gmailガイドラインの変更の背景としては、昨今のフィッシングメールによる詐欺やスパムメールによる情報流出、またサーバー負荷の増加などが挙げられると考えられます。Google社としては優良なGmailユーザーに規制を与えることが目的ではなく、安全なGmail活用のための措置としてGmailガイドラインの変更にいたったと考えられます。

EC-CUBEを活用したEC事業を推進する事業者の中に1日5,000件以上のGmailへのメール配信をおこなう方も多いでしょうから、システム面の対策が必要になります。

システムでの対応方法

同一ドメインからのGmailへのメール送信が一日5,000件以上の場合

ドメインにSPF/DKIM/DMARC認証 を含む、Gmailガイドライン要件を満たすDNS設定をおこなう必要があります。また、配信登録されたメールには、ワンクリックで登録解除ができる仕組みやリンクの設定が必要です。

SPF/DKIM/DMARC認証をおこなうことにより、なりすましメールやフィッシングメールから受信者を保護できる他、メール受信者としての自身や自社組織を保護することができます。また、Gmailで拒否されたり、迷惑メールに分類されたりする可能性も低くなります。

対応のための現実解として、外部メールサービスへの移行を含めたシステム活用も検討できます。EC-CUBEならびにインテグレートパートナーまでご相談ください。

同一ドメインからのGmailへのメール送信が一日5,000件未満の場合

ドメインにSPFまたはDKIM認証およびGmailガイドライン要件を満たすDNS設定をおこなう必要があります。またTLS接続でのメール送信をしないと拒否されるケースもありえるようです。

こちらのDNS設定についてはDNS管理者による設定変更のみで対応が可能です。詳しくはDNS管理者にご確認ください。

EC事業者の運営における変化

Google社のGmailガイドラインのアップデートはひいてはGmailユーザーのユーザーエクスペリエンスの向上に結びついています。迷惑メールやスパムメールに限らず、無造作に配信されつづけるメールを排除することにより、ユーザーに必要な情報をより確実に届ける仕組みに近づけることができます。

EC事業者の戦略として、リピート対策やリテンション対策により注力する土台ができる可能性があります。今回のGmailガイドライン変更が、メールを通じた既存顧客との関係強化のためのリピート戦略、リテンション戦略を見直す機会になるかもしれません。

こちらのDNS設定についてはDNS管理者による設定変更のみで対応が可能です。詳しくはDNS管理者にご確認ください。

この記事を書いた人
EC-CUBE編集部
ECサイトを新しく立ち上げたい、ECサイトの運営について詳しく知りたい、そんな方にお役立ちする情報を分かりやすく解説し、発信しています。
EC-CUBE

国内シェアNo.1 ECオープンソースシステム

月商1,000万円以上のネットショップ利用店舗数No.1のEC構築システムです。
抜群のカスタマイズ性で、商品や販売方法にこだわりをもった個性的なネットショップに多く利用されている「EC-CUBE」は2006年リリースの人気のロングセラーカート。多くのユーザーの声・ソース提供を元にアップデートされ続けています。

※ 独立行政法人情報処理推進機構の「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」において、EC構築オープンソースとして国内 No.1シェアを獲得しました。

※ ECマーケティング株式会社が行ったネットショップ動向調査において「月商1000万円以上で利用されているカートシステム」利用数にてNo.1を獲得。

EC-CUBEはカスタマイズ・拡張性が高く、長期的なECサイト構築向き

EC-CUBEでは、ECに必要な基本機能は標準搭載されています。追加機能はプラグインで提供されており、必要な機能だけをコーディング無しで手軽に導入することができます。プラグインは決済、デザインテンプレート、集客、顧客管理、販促など300種類以上ご用意しています。

ECサイトは顧客のニーズ変化に適応し続けるために、優先すべき機能が変化していきます。3〜5年の長期スパンで考えると、必要な機能を随時追加でき、不要な機能を手軽に廃止することができるプログラムが求められます。開発コミュニティの活動も活発に行われており、最新機能を搭載したバージョンが順次公開されている点も、担当者にとっては嬉しい点ではないでしょうか。

国内最大級のECパートナーネットワークが運営をサポート

登録会員者6.4万人が利用するEC-CUBE開発コミュニティがECサイト運営をサポートします。エンジニア、EC開発者、ショップ運営者などが参加し、EC-CUBEの機能や使い方に関しての質問に回答してくれるため、初心者でも問題をスムーズ解決できます。

よくある質問を検索できるサポートサイトや、開発者向けのドキュメントサイト、Slack・ユーザーグループの勉強会・ガイドブック等も充実しています。

EC-CUBEでは専門のアドバイザーがリニューアルの相談を承ります!

ネットショップの構築の際にどの情報を信用すればいいかわからない、相談相手もいない、そんなお悩みが多く寄せられます。EC-CUBEでは、専門アドバイザーがリニューアルの無料相談を受け付けます。

事前予約制の個別オンライン無料相談ができるので、開発会社やシステムを決定する前に、フラットに話を聞いてみることをおすすめしています。

また、オープンソースを利用して自社開発する方向けには、開発コミュニティのご利用を推奨しています。ECサイト運営者が集まり、開発に関する悩みやお役立ち情報をシェアしてくれます。ぜひご活用ください。

close icon
EC-CUBEペイメントプラス

決済導入なら、EC-CUBE公式決済

公式決済について詳しく知る

EC-CUBE公式 Amazon Pay

月額費用半年無料! お申込受付中

Amazon Payについて詳しく知る

無料相談受付中!

アドバイザーに相談する