ニュース

カード決済の「不正な大量アタックの被害」にご注意ください(2018/06/22)

ネットショップで、カード情報に入力ミスがあると、エラーが表示されます。
この仕組みを悪用し、「与信OK」になるまでカード番号・有効期限・セキュリティコードを入力することで、他人のカード情報を盗み出す「クレジットマスター」という犯罪手口があります。

盗まれたカード情報は不正に利用され、犯罪に繋がります。
また、この大量アタックにより、店舗様側に、高額なトランザクション処理料が発生したケースも報告されています。

一度、被害にあわれると、継続的に大量アタックの対象となる恐れもあります。
不正決済や、高額な請求を防止するため、速やかなご対応をお願いします。



■こんなことがあったら要注意 :
決済代行会社の管理画面で注文状況を確認いただき、同一のお取引で、何度もエラーが発生している場合、不正が疑われます。

■対応方法 :
ご利用の決済代行会社へ、対策手段をご相談ください。

一度、被害にあわれると、継続的に大量アタックの対象となる恐れもあります。

不正決済や、高額なトランザクション処理料発生を防止するため、ネットショップにカード決済を導入の場合、速やかなご対応をお願いいたします。

EC-CUBE® DemoSite

デモサイトで体験

EC-CUBE® Download

無料ダウンロード

最新版 Ver 4.0.0

最新ニュースやECノウハウをお届けします