プレスリリース

株式会社イーシーキューブ、大規模EC向けサービスの第1弾として、EC-CUBEの性能を最大限発揮するための高セキュリティ・高可用性・高アクセスに対応可能な運用環境「EC-CUBE Enterprise Infrastructure」を提供開始(2024/06/20)

 株式会社イーシーキューブ(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進 以下、当社)は、大規模EC向けサービスの第1弾として、EC-CUBEの性能を最大限発揮するための高セキュリティ・高可用性・高アクセスへの対応可能な運用環境「EC-CUBE Enterprise Infrastructure」を2024年7月1日より提供開始することを発表いたします。

 昨今のDX需要の高まりから、当社の相談窓口には大規模で複雑なEC構築相談が増加しています。このご要望にお応えするため当社は、日本No.1 EC構築オープンソース EC-CUBE (※1)の開発元企業としての強みと、EC構築・運営支援を行っていた旧株式会社EC-CUBE Innovationsとの会社統合による強みも活かし、大規模EC向けに構築からシステム運用まで一気通貫でサポートする垂直統合モデルサービス「EC-CUBE Enterprise」の開発に注力してまいりました。
 この度、当社は「EC-CUBE Enterprise」サービスの第一弾として、大規模ECとして特に需要が高かった高セキュリティ・高可用性・高アクセスに対応した運用環境「EC-CUBE Enterprise Infrastructure」をリリースいたします。これにより、無限のカスタマイズ性を持つEC構築オープンソース「EC-CUBE」を最適な環境で安心安全に運用していただけます。
 当社は引き続き、大規模EC事業者のビジネス成功のため、構築から運用まで一気通貫で提供できるサービスの開発を鋭意進めてまいります。

EC-CUBE Enterprise Infrastructureのお問い合わせはこちら:
https://www.ec-cube.net/enterprise-infrastructure/

■ EC-CUBE Enterprise Infrastructureの特長

 EC-CUBE Enterprise Infrastructure は大規模EC向けの標準基盤として高セキュリティ・高可用性・高アクセスへの対応が可能な運用環境を提供いたします。


EC-CUBE Enterprise Infrastructureの特長や機能詳細はこちら:
https://www.ec-cube.net/enterprise-infrastructure/

■「EC-CUBE Enterprise」の今後の予定

 「EC-CUBE Enterprise」は第一弾リリースの「EC-CUBE Enterprise Infrastructure」を土台として、大規模ECで需要が高い機能である「モール対応」や「多言語対応」パッケージの開発・提供を予定しています。その他、「B2B対応」や「越境EC対応」といった需要が高い機能も要望を踏まえ企画を進めていく予定です。
 引き続き「EC-CUBE Enterprise」は一気通貫のサービス提供に向け、開発を行ってまいります。

■ 新規サイト構築やサイトリニューアルのご相談はEC-CUBEアドバイザー相談へ

 EC-CUBEでのサイト構築や事業拡大、バージョンアップ、セキュリティ対策など、課題解決へのご相談は「EC-CUBEアドバイザー」をご活用ください。課題にマッチするパートナーやサービス探しをお手伝いいたします。
また、EC-CUBEへの大規模EC構築や運用サポートに関するご相談が増加していることから、体制を強化し大規模EC構築のご相談にもこれまで以上にご相談可能となりました。中小規模から大規模まで幅広く対応しておりますので、是非EC-CUBEアドバイザーへご相談ください。

大規模EC構築の相談も開始。EC-CUBEアドバイザー相談はこちら:
https://www.ec-cube.net/advisor/

■「EC-CUBE」について

 ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は2006年9月の公開以降多くの方にご利用いただいた結果、2009年には日本No.1 EC構築オープンソースとして認定され、2020年11月には月商1000万円以上のネットショップ利用店舗数でNo.1に認定(※2)されています。


 EC-CUBEはオープンソースだからこそ、ソースコードの自由なカスタマイズや、簡単に機能追加できるプラグイン、外部サービスや企業の基幹システムとの連携を可能にするWeb API等による無限のカスタマイズ性に加え、ベンダーロックインされることなく自社デジタル資産を核として継続的な事業推進を実現できるなど、自社独自のプラットフォーム構築で競争優位性の創出を強力にサポートすることができます。
 また、その基盤を支えるセキュリティ支援として、徹底した情報公開方針のもと、絶えず変化するコンプライアンスニーズや自社のセキュリティ要件に合わせたセキュアな事業運営をしていただけるよう、「アプリケーション」「環境」「人」を軸とした三位一体のセキュリティ支援を行っています。

EC-CUBEの詳細についてはこちら:https://www.ec-cube.net/

※1:独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による
※2:ECマーケティング株式会社「ネットショップ動向調査 ~ 小規模/大規模ネットショップ~月商1000万円未満/1000万円以上のそれぞれのWeb担当者に聞いた!現在使っているカートシステムの満足度は?」による

■ 株式会社イーシーキューブ概要

会社名:株式会社イーシーキューブ
本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目2-22 ハービスENTオフィスタワー 8F
代表取締役:岩田 進(いわた すすむ)
設立:2018年10月1日
URL:https://www.ec-cube.co.jp/
主要株主:株式会社イルグルム
事業内容:ECオープンプラットフォームの開発・提供、ECサイトの構築・運用支援 等

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
株式会社イーシーキューブ
担当:梶原 直樹
お問い合わせフォーム:https://www.ec-cube.net/contact/
※お電話での一般のお問合せは承っておりません。ご了承くださいませ。

EC-CUBE公式アドバイザー
無料ご相談窓口

  • 他社のASPやパッケージとの違いを知りたい
  • BtoCのサイトにBtoB機能を追加したい
  • 何から手をつければよいかわからない
  • オープンソースならではの注意事項を知りたい
  • 自社にマッチした制作会社を探したい
  • サイト制作だけでなく運営もサポートしてほしい

新規構築・リニューアル・取引先向けのWeb受発注システム(BtoB)や事業の拡大など、
今抱えている課題を解決する最適な業者探しを、アドバイザーがお手伝いします。