プレスリリース

株式会社イーシーキューブ、緊急事態宣言 再発令の中、ネットショップをすぐに立ち上げたい店舗向け支援として、5社限定「ネットショップ構築代行キャンペーン」を開始(2021/01/19)

 株式会社イーシーキューブ(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:金 陽信 以下、当社)は、緊急事態宣言 再発令の中、ネットショップをすぐにでも立ち上げたい店舗を支援をするため、5社限定で「ネットショップ構築代行キャンペーン」を2021年1月19日に開始することを発表いたします。
 本キャンペーンはEC-CUBEのクラウド版「ec-cube.co」をお申込みいただいた店舗5社限定(※1)で、ネットショップオープンまでの全ての作業を当社で請負い、早期にオンラインでビジネスを開始していただけるよう支援するものです。ネットショップをすぐにでも開始したいが、やり方が分からない、手間をかけている時間がないといった方にご提供いたします。
 これからも、コロナ禍でお困りの店舗のため、当社ができることを検討し、鋭意支援を行ってまいります。



ネットショップ構築代行キャンペーンの詳細はこちら
https://www.ec-cube.net/product/co/campaign/shopopen.php


■EC-CUBEのクラウド版「ec-cube.co」について

「ec-cube.co」は、最新版EC-CUBE4を基盤とし、ダウンロード版EC-CUBEではつまずきやすかったサーバ設定やインストール作業が不要なクラウド版「EC-CUBE」です。また、ダウンロード版では必要となる、バージョンアップ等のメンテナンスやサーバ保守は必要なく、セキュリティ面でも安心してご利用いいただけるため、ショップ運営や売上UP施策、ブランディングのために、より時間を有効に使っていただくことが可能です。



EC-CUBEのクラウド版「ec-cube.co」の詳細はこちら:https://www.ec-cube.net/product/co/


■「EC-CUBE」について

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は2006年9月の公開以降多くの方にご利用いただいた結果、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定(※2)され、現在は推定35,000店舗以上で実際に稼働しています(当社調べ)。オープンソースの最新版として「EC-CUBE 4.0」を2018年10月にリリース後、これからのクラウドシフトを見据え2019年2月にはクラウド版「ec-cube.co」をリリース。カスタマイズ可能なEC-CUBEを中心に、安全安心なクラウドサービスでの提供、簡単に機能追加できるプラグイン、外部サービスや企業の基幹システムとの連携を可能にする「Web API」等、単なるECサイト構築にとどまらない、企業のECを中心としたDX推進を強力にサポートするプラットフォームへと進化を続けています。

※2 独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

■株式会社イーシーキューブ概要

会社名:株式会社イーシーキューブ
本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
代表取締役社長:金 陽信(きむやんしん)
設立:2018年10月1日
URL:https://www.ec-cube.co.jp/
主要株主:株式会社イルグルム
事業内容:ECオープンプラットフォームの開発・提供等

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

株式会社イーシーキューブ
担当:梶原 直樹
お問い合わせフォーム:https://www.ec-cube.net/contact/
電話番号:06-4795-7506

今すぐネットショップをはじめよう!

最新ニュースやECノウハウをお届けします
メールマガジン登録はコチラ