プレスリリース

株式会社ロックオン、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始。案件提案時の仕様書やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用可能。(2018/11/22)

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、ECサイト制作の案件提案時やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用できる、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始したことを2018年11月22日に発表いたします。

「Adobe XD」とは、Webサイトやモバイルアプリなどのデザインに適したUI/UXデザインツールです。 これまで、ECサイト制作時には「EC-CUBE」の画面を元にワイヤーフレームを書き起こし、一から仕様書やプロトタイプ、デザインを用意するといった大きな手間が発生していました。この度提供する「Adobe XD」テンプレートファイルは、「EC-CUBE 4」デフォルトのワイヤーフレームや画面遷移が確認・修正できるファイルになっています。提案時の画面仕様書や動作確認用のプロトタイプ作成、デザイン、コーディングといった幅広い用途で活用できるため、制作案件のスピード向上、工数削減につながることが期待できます。




「Adobe XD」ファイルのダウンロードはこちら:https://www.ec-cube.net/product/4.0/#document

■「EC-CUBE 4」用「Adobe XD」ファイルの詳細



公開初期段階で提供するファイルは以下の通りです。
(パソコン用・スマートフォン用それぞれのレイアウトでご用意しております。)

 フロントレイアウト6画面
トップページ・商品一覧・商品詳細・新規会員登録(入力・確認・完了)
 ショッピングカートレイアウト10画面
商品購入ログイン・ショッピングカート・ご注文手続き・ご注文内容確認・ご注文完了・非会員購入情報入力・商品購入お届け先(お届け先指定・追加、お届け先複数指定・追加)

今後も順次、フロント画面のその他画面(マイページ画面等)や、管理画面の「Adobe XD」ファイルを提供していく予定です。これからも引き続き、「EC-CUBE」でサイト作成される制作会社様の利便性向上をあらゆる視点で支援してまいります。

■「EC-CUBE」について

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※)推定30,000店舗以上で実際に稼働しております(当社調べ)。
2018年10月には、内部機構から見直し、カスタマイズ性や使い勝手を大幅に向上させた「EC-CUBE 4.0」をリリースしております。

※1:独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

■株式会社ロックオン概要

会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京本社:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町12F
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:http://www.lockon.co.jp/
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」
・ 運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

株式会社ロックオン
担当:金 ナリ(きむ なり)
お問い合わせフォーム:https://www.ec-cube.net/contact/
TEL:06-4795-7500

文中に含まれる「株式会社ロックオン」は、2019年8月1日より「株式会社イルグルム」へ商号を変更しました。

EC-CUBE® DemoSite

デモサイトで体験

最新ニュースやECノウハウをお届けします