住所自動入力の拡張版(3.0系)

住所自動入力の拡張版(3.0系) プラグイン

ダウンロード無料

ダウンロード数: 1,131

公開日: 2015年12月22日 / 更新日: 2016年1月15日

対応バージョン : 3.0系以上で利用できます。
3.0系 3.0.7|3.0.8|3.0.9|3.0.10|3.0.11|3.0.12|3.0.12-p1|3.0.13|3.0.14|3.0.15

提供: ピエールソフト

サポート: info@zipaddr.com

ライセンス: LGPL

商品情報

当プラグインは郵便番号から住所を自動入力するツールで、標準の住所入力を拡張させることができます。
【https://zipaddr.github.io/zipaddrx.js/と、グローバル連携をしています】
尚、2.xx系をご利用の場合は、「郵便番号から住所自動入力(2.xx系)」をお使い下さい。

■プラグインをインストールするだけで、郵便番号が複数地域に対応している住所でも利用できるようになる拡張版です。

[主な特長]
(1)郵便番号が複数の地域に対応しているものでも、ガイダンス画面選択方式によって正しく操作できます。
  ※郵便番号欄に438-0078と入力して 静岡県磐田市「旭ケ丘」や磐田市までが表示されるのは、おかしいと思います。
  ※複数対応は1,548ヶ所、全体では1%もの複数地域対応データが存在します。
(2)入力欄の属性(ime-mode:disabled)を自動設定します。(IE、Firefox、有効)
(3)郵便番号3桁-4桁のフォーカス(カーソル)移動が自動的に行なわれます。
(4)郵便番号の入力途中で誤入力が把握できます。
(5)住所自動入力後のフォーカス(カーソル)を番地欄へ移動します。
(6)スマートフォンの数値項目は、type=をtextからtelに変換して操作性を向上させます。
※対象とする動作環境はPCとスマートフォンです。
※詳細機能は、https://zipaddr.com/eccube/plugin.htmlを参照下さい。

住所自動入力の拡張版(3.0系)

PAGE TOP

リリースノート

住所自動入力の拡張版 Ver1.2(2016/01/15)
スマートフォンの操作性向上対策(電話番号欄など)を行ないました。
住所自動入力の拡張版(2015/12/22)
標準の住所自動入力を複数地域対応に拡張します。

PAGE TOP

住所自動入力の拡張版(3.0系) ダウンロード無料

PAGE TOP