【開発コミュニティの人気Tipsをご紹介②】EC-CUBEで会員制サイトを作ってみよう

[895 views]

eyecatch_会員制サイトを作ってみる
こんにちは、EC-CUBEエバンジェリスト 足立智広です。

前回の記事でもご紹介しましたように、EC-CUBEでは、ご利用者同士が問題解決方法を投稿・共有できる「開発コミュニティ」を開設し、多くの方にお使いいただいています。
この連載では、開発コミュニティで話題となっているカスタマイズをピックアップして、ご紹介していきます。

会員制サイトを作るカスタマイズ!

説明画像_会員制サイトを作ってみる

本記事では、EC-CUBEの商品一覧や商品詳細といった、お買い物をしていただくための画面を「ログイン必須」にするカスタマイズをご紹介します。
トップページは会員以外のゲストの方でも見ることができますが、実際に買い物をするための商品一覧や商品詳細に進もうとすると、ログインを求められるというものです。
今回は、新規に会員登録するための、会員登録ページもアクセスすることができるようにします。

まとめると、以下のような仕様となります。

  • ショップ側はログイン必須とする
  • トップページ、会員登録ページは、ログインなしでアクセス可能とする

※前提として、EC-CUBE のバージョンは3.0.13を利用しています。また、プラグイン機構を利用したカスタイズではなく、本体のコードを直接変更するカスタマイズ例です。

ログインが必要なページの定義を追加します

カスタマイズの概要

ログインの制御を追加するには、大掛かりなロジックを追加する必要ありません。
どのページでログインを必須にするか、という定義を追加するだけでOKです。

src/Eccube/Application.php の558行目付近に、「security.access_rules」という定義が記述されています。


$this['security.access_rules'] = array(
    array("^/{$this['config']['admin_route']}/login", 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'),
    array("^/{$this['config']['admin_route']}/", 'ROLE_ADMIN'),
    array('^/mypage/login', 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'),
    array('^/mypage/withdraw_complete', 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'),
    array('^/mypage/change', 'IS_AUTHENTICATED_FULLY'),
    array('^/mypage', 'ROLE_USER'),

ここに、ログイン必須にするための定義を追加します。

ログイン必須にするための定義を追加

それでは、実際に以下のように追加してみましょう。


$this['security.access_rules'] = array(
    array("^/{$this['config']['admin_route']}/login", 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'),
    array("^/{$this['config']['admin_route']}/", 'ROLE_ADMIN'),
    array('^/mypage/login', 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'),
    array('^/mypage/withdraw_complete', 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'),
    array('^/mypage/change', 'IS_AUTHENTICATED_FULLY'),
    array('^/mypage', 'ROLE_USER'),
    // 以下に定義を追加
    array('^/$', 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'),  // トップページはログインなしでアクセス可
    array('^/entry', 'IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY'), // 会員登録ページはログインなしでアクセス可
    array('^/', 'ROLE_USER'), // すべてのページはログイン必須
);

追加できたら、画面にアクセスしてみてください。
トップページ、会員登録ページ以外のページ(商品一覧・商品詳細など)にアクセスした時に、ログイン画面が表示されれば成功です。

login

尚、security.access_ruleは、上から順に評価されるため、トップページ、会員登録ページ、その他の順に記述しています。
トップページと会員登録ページは「IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY」で、ログイン対象から除外し、その他のページは「ROLE_USER」でログイン必須にする、というイメージです。

EC-CUBEで定義されている権限(ロール)の一覧

いくつか「権限(ロール)」がでてきましたが、EC-CUBEで利用できる権限の一覧を紹介します。

  • IS_AUTHENTICATED_ANONYMOUSLY;匿名アクセス可(ログインなしでのアクセス可)
  • IS_AUTHENTICATED_FULLY:会員ログインが必要
  • ROLE_USER:会員ログインが必要
  • ROLE_ADMIN:管理者ログインが必要

「ROLE_USER」と「IS_AUTHENTICATED_FULLY」は、どちらも会員ログインが必要ですが、自動ログイン(remember_me)を有効にした場合の挙動が異なります。

それぞれ、

  • ROLE_USER:自動ログイン済の場合はログイン不要
  • IS_AUTHENTICATED_FULLY:自動ログイン済の場合であってもログイン必須

という挙動になります。

「IS_AUTHENTICATED_FULLY」のほうが厳しめの権限です。
EC-CUBE標準では、マイページの会員情報編集画面など、更新が発生する画面で利用されています。

より詳しいドキュメント

EC-CUBEの認証機能は、内部的には、フレームワークであるSymfony/Silexの機能を利用して実現しています。
より詳しい情報を知りたい方は、SymfonyやSilexのドキュメントを参照してください。

Silex ユーザーガイド
http://silex-users-jp.phper.jp/doc/html/providers/security.html

symfony.com
http://symfony.com/doc/current/security.html

また、今回作成したソースコードの差分は以下でもご覧いただけます。是非、参考にしてみてください。
https://github.com/EC-CUBE/ec-cube/compare/3.0.13…chihiro-adachi:sample/login

最後に

いかがでしたでしょうか?
開発コミュニティでは、「EC-CUBE」 をより快適で便利なものにしていくために、エンジニアの方はもちろんのこと、ショップ運営者の方、デザイナーの方など、 EC構築・運営に関わる多くの方々のご参加をお待ちしています。

▼ EC-CUBE開発コミュニティ
http://xoops.ec-cube.net/

「どうか教えてください!」「バグ見つけましたよ」「こんな機能あったらなぁ」といったテーマごとにスレッドが分かれていますので、気になるキーワードがあれば一度、開発コミュニティへ訪れてみてください。


このEC記事につけられたタグ