カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE 2系

カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE 2系 プラグイン

販売価格:54,000円(税込)

公開日: 2017年9月28日 / 更新日: 2017年9月28日

対応バージョン : 対応バージョン : 2.12.2~
2.13系 2.13.1|2.13.2|2.13.3|2.13.4|2.13.5
2.12系 2.12.2|2.12.3|2.12.4|2.12.5|2.12.6

提供: ビットモップ株式会社

サポート: info@bitmop.co.jp

ライセンス: 独自ライセンス

商品情報

「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能をお手軽に実装できるプラグインです。
【実装機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック
【実装機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能

カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE2系


昨今のEC業界において重要なキーワードに「カゴ落ち対策」というものがあります。
幾つかの調査では、ユーザーがECサイトのカゴ(ショッピングカート/カート など表記は多種)に商品を入れたものの、それらが最終的に購入に至る確率は30%前後で、逆にいえば約70%の購入機会は損失している(70%が、カゴ落ちしている)という状況です。


ユーザーが購入を途中で諦める理由は幾つかあり、それらは価格の問題や購入フローの問題など一律に解決できるものばかりではありません。
ただ、それらのカゴ落ちの中で比較的ハードルの低い離脱要因の場合は、ユーザーをサイトに連れ戻したり、再訪された際に購入意欲の高まる仕掛けを用意することで失われていた購入機会を回復できるものもあります。
本プラグインは、EC-CUBE 3.0.9以降に対して、お手軽に「カゴ落ち対策」の機能を実装することができるものです。
せっかく御社のサイトまでユーザーを導いておきながら、しかもカートに商品まで入れてもらいながら、70%が離脱している現状を少しでも改善できるように工夫を凝らしたプラグインです。


プラグイン機能その1

「カゴ落ち商品リスト」表示ブロック機能

「カゴ落ち商品リスト」ブロックは、購入意思のあった商品をカゴに入れて購入処理に進んだまま何らかの理由で離脱したユーザーが、後刻・後日サイトに再訪してきた際、その商品リストを表示することにより再度の購入を促す機能です。
また、ブロック内に表示したカゴ落ちした商品を直接カートに入れることもできます。
一度はカートに入れて購入処理にまで進んだ経験のある商品ですから、そのユーザーに対しては非常に親和性の高い商品と言えます。もしかしたら別サイトで価格を比較して、御社のサイトに戻ってきたのかもしれません。そんな時に、また一から商品を探して、カートに入れて、の苦労をユーザーにかけるのは不憫です。
購入までのハードルは下げられるものはとことん下げ、再度ユーザーの気が変わらないうちに購入完了まで誘導する購入補助機能になります。


機能の概要

ユーザーがカートに商品を入れるタイミングで、プラグインの機能によりブラウザのCookieに商品情報が記録されます。
その後、ユーザーがこの商品を購入せずにサイトから離脱した場合、当然カート内の商品情報はリセットされますが、次にこのユーザーが同じブラウザでサイトに再訪された場合、「カゴ落ち対策」ブロック内に過去にカートに入れたものの購入された商品の一覧を表示します。
更に、ブロック内商品リストに付随するボタンを押すだけで、この商品を再度カートに投入することができます。



プラグイン機能その2

「カゴ落ちリマインドメール」自動送信機能

1番目の機能である「カゴ落ち商品リスト」表示ブロック機能は、購入意思のあった商品をカゴに入れて購入処理に進んだまま何らかの理由で離脱したユーザーが後刻・後日サイトに再訪してきた際、その商品リストを表示することにより購入を促す受動的な機能でした。再訪されなければ表示することができず、ユーザーの行動待ちの機能になります。いわば待ちの対策です。

対して2番目の機能である「カゴ落ちリマインドメール」自動送信機能は、離脱したあと指定の時間が経つとユーザーが入力(登録)しているメールアドレス宛にリマインドメールを自動で送信するという能動的な機能となります。こちらは攻めの施策と言えるでしょう。


機能の概要

ユーザーがカートに商品を入れ、お客様情報を入力する段階まで進み、その後サイトを離脱した場合、商品の情報に加えてユーザーの情報もサーバーには格納されています。
このプラグインでは、このEC-CUBEが基本機能として保存している情報から、ユーザーのメール宛にリマインドメールを送信します。
何かの理由で購入フローを中断された場合、購入の意思はありつつも商品のことを忘れてしまいがちです。
リマインドメールを送ることで、そのユーザーの購入行動を再度喚起させることが期待できます。
リマインドメールは送信するまでの待機時間や、送信を控える時間帯の設定もできますので、ユーザーの気持ちを害しない配慮を伴った攻めの施策をとることができるようになります。


昨今のEC業界で必須となりつつある「カゴ落ち対策」の多くはリマインドメールの送信によるユーザー個別の案内によりCV(コンバージョン)率の向上を図っています。リマインドメールを送信する条件も管理画面から設定できて、ユーザーが不快になるような送信を抑制する配慮もしております。
御社のサイトにも、お手軽にカゴ落ちリマインドメールを実装されては如何でしょうか。

カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE 2系

カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE 2系

その他のプラグイン

ビットモップがリリースしている全EC-CUBEプラグイン一覧

スマートリコメンドプラグイン for EC-CUBE 2系カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE 2系
「スマートリコメンド」プラグインは、ユーザーの属性と似た属性を持つ他のユーザーの購入履歴から、親和性の高い商品をリストアップし、表示する機能を持っています。「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能を実装できるプラグインです。【機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック 【機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能
配送状況追跡プラグイン for EC-CUBE 2系会員閲覧履歴プラグイン for EC-CUBE 2.13
「配送状況追跡プラグイン」は、各受注データに配送業者の名前とお問い合わせ番号を設定することで、管理画面の受注詳細画面はもとより、お客様のMyPageの「ご注文履歴詳細」ページからも荷物の配送状況を追跡・確認することができる機能を提供します。「会員閲覧履歴プラグイン」は、各ユーザー別の商品詳細ページの閲覧履歴を”追跡”することができる機能を提供します。
ログインした状態のユーザーが商品詳細ページを閲覧すると、その情報が履歴管理サーバーに送信されます。
一方、管理画面に追加された「会員閲覧履歴検索」ページから、会員の商品詳細ページ閲覧履歴を検索できるようになります。
曜日別売れ筋商品リコメンドプラグイン for EC-CUBE 2系時間帯別売れ筋商品リコメンドプラグイン for EC-CUBE 2系
「曜日別売れ筋商品リコメンドプラグイン」は、ユーザーがアクセスしてページを表示した時点の曜日と同じ曜日に過去に購入された商品の中から売れ筋を自動で集計し、表示するタイプのリコメンドブロックを提供します。「時間帯別売れ筋商品リコメンドプラグイン」は、ユーザーがアクセスしてページを表示した時点の時間帯と同じ時間帯に過去に購入された商品の中から売れ筋を自動で集計し、表示するタイプのリコメンドブロックを提供します。
会員データ移行プラグイン[エクスポート用] for EC-CUBE 2系会員データ移行プラグイン[インポート用] for EC-CUBE3
「会員データ移行[エクスポート用]」は、新しく構築したEC-CUBE3系(3.0.9以降)に対して、EC-CUBE2系(2.12.x及び2.13.x)から会員データを移行する為のCSVファイルを生成する機能を提供するプラグインです。このプラグインでは、会員のデータに加えて、「別のお届け先」データも併せて移行することができます。

会員データの移行には、別途ご購入いただく「会員データ移行プラグイン[インポート用] for EC-CUBE3」(税込54,000円)によりCSVデータを読み込むことで、3系に会員データを移行する必要があります。

「会員データ移行[インポート用]」は、EC-CUBE2系(2.12.x及び2.13.x)から会員データを新しく構築したEC-CUBE3系に移行する為の機能を提供するプラグインです。

会員データの移行には、別途ご購入いただく「会員データ移行プラグイン[エクスポート用]」(税込10,800円)により弊社独自のCSV構造にて会員データを出力し、本プラグイン[インポート用]にて3系に会員データを移行する必要があります。

配送状況追跡プラグイン for EC-CUBE3カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE3
「配送状況追跡プラグイン」は、各受注データに配送業者の名前とお問い合わせ番号を設定することで、管理画面の受注詳細画面はもとより、お客様のMyPageの「ご注文履歴詳細」ページからも荷物の配送状況を追跡・確認することができる機能を提供します。「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能を実装できるプラグインです。【機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック 【機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能
スマートリコメンドプラグイン for EC-CUBE3会員閲覧履歴プラグイン for EC-CUBE3
「スマートブロック」プラグインは、会員の属性項目に応じて表示コンテンツの内容を差し替えられる動的なブロックです。性別や年代などに応じてブロック内のバナー画像を自動で切り替えたりすることが可能です。「会員閲覧履歴プラグイン」は、各ユーザー別の商品詳細ページの閲覧履歴を”追跡”することができる機能を提供します。ログインした状態のユーザーが商品詳細ページを閲覧すると、その情報が履歴管理サーバーに送信されます。一方、管理画面に追加された「会員閲覧履歴検索」ページから、会員の商品詳細ページ閲覧履歴を検索できるようになります。
曜日別売れ筋商品リコメンドプラグイン for EC-CUBE3時間帯別売れ筋商品リコメンドプラグイン for EC-CUBE3
「曜日別売れ筋商品リコメンドプラグイン」は、ユーザーがアクセスしてページを表示した時点の曜日と同じ曜日に過去に購入された商品の中から売れ筋を自動で集計し、表示するタイプのリコメンドブロックを提供します。「時間帯別売れ筋商品リコメンドプラグイン」は、ユーザーがアクセスしてページを表示した時点の時間帯と同じ時間帯に過去に購入された商品の中から売れ筋を自動で集計し、表示するタイプのリコメンドブロックを提供します。
商品JANコードプラグイン for EC-CUBE3商品原価&粗利プラグイン for EC-CUBE3
「商品JANコード」プラグインは、商品の属性に「JANコード」フィールドを追加する機能を提供します。受注編集画面の購入商品一覧に各商品の「JANコード」を表示します。このバーコードは、パソコン画面から直接バーコードリーダーにて読み取り可能です。「商品原価&粗利」プラグインは、商品の属性項目「商品原価」を追加する機能を提供するプラグインです。商品規格レベルの属性に「商品原価」フィールドを追加し、受注編集画面において「商品原価」を表示します。また、併せて販売価格との差額から「粗利」も自動で算出し、表示します。
ユーザー検索履歴プラグイン for EC-CUBE3スマートブロックプラグイン for EC-CUBE3
「ユーザー検索履歴」プラグインは、フロント側の検索窓を通してユーザーが検索したキーワードを保存し、CSV出力できる機能を提供するプラグインです。ユーザーが入力した検索したキーワードは、ユーザーのニーズを具現化した単語であり、生の声そのものです。これらを全てデータベースに蓄積し、管理画面からその一覧を閲覧することができるようになります。「スマートブロック」プラグインは、会員の属性項目に応じて表示コンテンツの内容を差し替えられる動的なブロックです。性別や年代などに応じてブロック内のバナー画像を自動で切り替えたりすることが可能です。

PAGE TOP

リリースノート

「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある主要2機能を実装できるプラグイン(2017/09/28)
プラグイン概要

「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能を実装できるプラグインです。
このプラグインの主な機能は2つあります。

【機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック
ユーザーがカートに商品を入れるタイミングで、プラグインの機能によりブラウザのCookieに商品情報が記録されます。
その後、ユーザーがこの商品を購入せずにサイトから離脱した場合、当然カート内の商品情報はリセットされますが、次にこのユーザーが同じブラウザでサイトに再訪された場合、「カゴ落ち対策」ブロック内に過去にカートに入れたものの購入された商品の一覧を表示します。
更に、ブロック内商品リストに付随するボタンを押すだけで、この商品を再度カートに投入することができます。
一度カートに入れた経験のある商品ですので、このユーザーにとって購入へのハードルは低いはず。リマインドにより、ユーザーの購入意欲を後押しすることができます。

【機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能
ユーザーがカートに商品を入れ、お客様情報を入力する段階まで進み、その後サイトを離脱した場合、商品の情報に加えてユーザーの情報もサーバーには格納されています。
このプラグインでは、このEC-CUBEが基本機能として保存している情報から、ユーザーのメール宛にリマインドメールを送信します。
何かの理由で購入フローを中断された場合、購入の意思はありつつも商品のことを忘れてしまいがちです。
リマインドメールを送ることで、そのユーザーの購入行動を再度喚起させることが期待できます。
リマインドメールは送信するまでの待機時間や、送信を控える時間帯の設定もできますので、ユーザーの気持ちを害しない配慮を伴った攻めの施策をとることができるようになります。

大手ECサイトでは普通の機能になりつつある「カゴ落ち対策」を、このプラグインにより御社のECサイトにもお手軽に追加することができます。

PAGE TOP

カゴ落ち対策プラグイン for EC-CUBE 2系 54,000円(税込)

PAGE TOP