カゴ落ち対策 for EC-CUBE3

カゴ落ち対策 for EC-CUBE3 プラグイン

販売価格:54,000円(税込)

公開日: 2017年9月28日 / 更新日: 2017年11月7日

対応バージョン : 対応バージョン : 3.0.9~
3.0系 3.0.9|3.0.10|3.0.11|3.0.12|3.0.12-p1|3.0.13|3.0.14|3.0.15

提供: ビットモップ株式会社

サポート: info@bitmop.co.jp

ライセンス: 独自ライセンス

商品情報

「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能を実装できるプラグインです。
【機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック
【機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能

プラグイン概要


「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能をお手軽に実装できるプラグインです。
このプラグインの主な機能は2つあります。


【機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック

ユーザーがカートに商品を入れるタイミングで、プラグインの機能によりブラウザのCookieに商品情報が記録されます。
その後、ユーザーがこの商品を購入せずにサイトから離脱した場合、当然カート内の商品情報はリセットされますが、次にこのユーザーが同じブラウザでサイトに再訪された場合、「カゴ落ち対策」ブロック内に過去にカートに入れたものの購入された商品の一覧を表示します。
更に、ブロック内商品リストに付随するボタンを押すだけで、この商品を再度カートに投入することができます。
一度カートに入れた経験のある商品ですので、このユーザーにとって購入へのハードルは低いはず。リマインドにより、ユーザーの購入意欲を後押しすることができます。


【機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能

ユーザーがカートに商品を入れ、お客様情報を入力する段階まで進み、その後サイトを離脱した場合、商品の情報に加えてユーザーの情報もサーバーには格納されています。
このプラグインでは、このEC-CUBEが基本機能として保存している情報から、ユーザーのメール宛にリマインドメールを送信します。
何かの理由で購入フローを中断された場合、購入の意思はありつつも商品のことを忘れてしまいがちです。
リマインドメールを送ることで、そのユーザーの購入行動を再度喚起させることが期待できます。
リマインドメールは送信するまでの待機時間や、送信を控える時間帯の設定もできますので、ユーザーの気持ちを害しない配慮を伴った攻めの施策をとることができるようになります。


大手ECサイトでは普通の機能になりつつある「カゴ落ち対策」を、このプラグインにより御社のECサイトにもお手軽に追加することができます。

カゴ落ち対策 for EC-CUBE3

その他のプラグイン

カゴ落ち対策 for EC-CUBE3スマートリコメンド for EC-CUBE3
「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能を実装できるプラグインです。【機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック 【機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能 「スマートリコメンド」は、ユーザーの属性と似た属性を持つ他のユーザーの購入履歴から、親和性の高い商品をリストアップし、表示する機能を持っています。
ユーザー検索履歴 for EC-CUBE3商品原価&粗利 プラグイン for EC-CUBE3
「ユーザー検索履歴」プラグインは、フロント側の検索窓を通してユーザーが検索したキーワードを保存し、CSV出力できる機能を提供するプラグインです。ユーザーが入力した検索したキーワードは、ユーザーのニーズを具現化した単語であり、生の声そのものです。これらを全てデータベースに蓄積し、管理画面からその一覧を閲覧することができるようになります。 「商品原価&粗利」プラグインは、商品の属性項目「商品原価」を追加する機能を提供するプラグインです。商品規格レベルの属性に「商品原価」フィールドを追加し、受注編集画面において「商品原価」を表示します。また、併せて販売価格との差額から「粗利」も自動で算出し、表示します。
商品JANコード プラグイン for EC-CUBE3スマートブロックプラグイン for EC-CUBE3
「商品JANコード」は、商品の属性に「JANコード」フィールドを追加する機能を提供します。受注編集画面の購入商品一覧に各商品の「JANコード」を表示します。このバーコードは、パソコン画面から直接バーコードリーダーにて読み取り可能です。 「スマートブロック」は、会員の属性項目に応じて表示コンテンツの内容を差し替えられる動的なブロックです。性別や年代などに応じてブロック内のバナー画像を自動で切り替えたりすることが可能です。
スマートリコメンド for EC-CUBE 2系カゴ落ち対策 for EC-CUBE 2系
「スマートリコメンド」は、ユーザーの属性と似た属性を持つ他のユーザーの購入履歴から、親和性の高い商品をリストアップし、表示する機能を持っています。 「スマートリコメンド」は、ユーザーの属性と似た属性を持つ他のユーザーの購入履歴から、親和性の高い商品をリストアップし、表示する機能を持っています。

PAGE TOP

リリースノート

カゴ落ち対策プラグインを更新しました(2017/11/02)(2017/11/07)
購入途中で放棄された受注のデータを参照して、リマインドメールを送信するまでの待機時間を48時間に拡張しました。
購入した商品の商品規格IDをCookieから削除するタイミングを変更しました。
PostgreSQLでのインストール/アンインストールを繰り返した際のエラーを修正しました。
「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある主要2機能を実装できるプラグイン(2017/09/28)
「カゴ落ち対策」プラグインは、昨今のEC業界で必須機能になりつつある「カゴ落ち対策」機能を実装できるプラグインです。
このプラグインの主な機能は2つあります。

【機能1】「過去にご購入を検討されていた商品リスト」表示ブロック
ユーザーがカートに商品を入れるタイミングで、プラグインの機能によりブラウザのCookieに商品情報が記録されます。
その後、ユーザーがこの商品を購入せずにサイトから離脱した場合、当然カート内の商品情報はリセットされますが、次にこのユーザーが同じブラウザでサイトに再訪された場合、「カゴ落ち対策」ブロック内に過去にカートに入れたものの購入された商品の一覧を表示します。
更に、ブロック内商品リストに付随するボタンを押すだけで、この商品を再度カートに投入することができます。
一度カートに入れた経験のある商品ですので、このユーザーにとって購入へのハードルは低いはず。リマインドにより、ユーザーの購入意欲を後押しすることができます。

【機能2】カゴ落ち商品リマインドメールの送信機能
ユーザーがカートに商品を入れ、お客様情報を入力する段階まで進み、その後サイトを離脱した場合、商品の情報に加えてユーザーの情報もサーバーには格納されています。
このプラグインでは、このEC-CUBEが基本機能として保存している情報から、ユーザーのメール宛にリマインドメールを送信します。
何かの理由で購入フローを中断された場合、購入の意思はありつつも商品のことを忘れてしまいがちです。
リマインドメールを送ることで、そのユーザーの購入行動を再度喚起させることが期待できます。
リマインドメールは送信するまでの待機時間や、送信を控える時間帯の設定もできますので、ユーザーの気持ちを害しない配慮を伴った攻めの施策をとることができるようになります。

大手ECサイトでは普通の機能になりつつある「カゴ落ち対策」を、このプラグインにより御社のECサイトにもお手軽に追加することができます。

PAGE TOP

カゴ落ち対策 for EC-CUBE3 54,000円(税込)

PAGE TOP