【人気記事まとめ】2016年のEC業界を「ネットショップの壷」アクセスランキングで振り返る

[1,115 views]

アイキャッチ3

2016年、皆様が一番印象に残った出来事は何だったでしょうか?
今回はこの1年の人気記事をご紹介しながら、EC業界のトピックを振り返ります。

「2016年に投稿された記事」のアクセスランキング

10位:今後活躍が期待されるチャットbotの活用実例・サービスをご紹介

2016年はチャットbotが盛り上がりました。チャットbotとは、人工知能を活用した「自動会話プログラム」のことで、チャットbotを活用したEコマースのサービスがEC業界を賑わせました。”会話型コマース”という言葉を耳にされた方も多かったのではないでしょうか。本記事でも、チャットbotの導入事例や、利用可能なサービス一覧についてご紹介しています。

9位:祝10周年!日本発ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」の10年の成長がわかるまとめ


EC-CUBE10周年を記念して、インフォグラフィックを用いて10年の歩みを振り返る記事を公開し、多くの方にご覧いただきました。
EC-CUBEは、これからもさらに多くの方に便利にご利用いただけるよう、皆様と共に進化し続けたいと思います。

8位:リアルのイベントでネットショップの顧客を作ろう! 写真プリントサービスでやってみたこと。

株式会社キュール 山村清史氏に、リアルとネットで相乗効果を上げる取り組みについてご紹介いただきました。「展示」という形の取り組みで、実店舗をお持ちでない方にも参考になります。
今年はコンテンツマーケティングの浸透を感じた1年でもありましたが、この記事のようにリアルの活動をネットに発信することも、1つのコンテンツマーケティングと言えそうですね。

7位:越境ECに商機到来!越境ECに欠かせない要素とは?

昨年よりはインバウンド需要も落ち着いてきた兆しがありますが、引き続き越境関連は注目のトピックとなっています。
越境ECでは、言語や通貨の他、物流・配送や決済など多角的な支援が必要となりますので、それらをまとめたこちらの記事が人気を集めたようです。

6位:アナログ無しでは進まない、B2B EC戦略

6位は株式会社アイディーエス 柴田達真氏による、実践的なB2B ECに関する記事です。経済産業省の発表では、平成26年の国内のBtoCの市場規模12.8兆円に対し、BtoBの市場規模は280兆円ともいわれています。EC-CUBEでもお問い合わせやセミナー等を通じ、BtoBの構築ニーズが高まったことを感じた1年でした。

5位:BtoEビジネスモデル・お弁当で福利厚生「シャショクラブ」インタビュー(前編)


こちらは、前後編に分けて公開された、BtoEの事例であるシャショクラブ様(構築:株式会社Refine様)のインタビュー記事です。一般的な物販のショップだけでなく、様々なビジネスにも活用されているのがEC-CUBEのおもしろいところ。ネットショップの壷では、2016年に活用事例というカテゴリを増やしており、今後も取材記事に力を入れていきます。

4位:インバウンドと越境ECは「オムニチャネル」な関係!訪日外国人の帰国後と発信ポイントに注目しよう!

7位に続いて、インバウンドと越境ECの記事がランクインしました。記事中には紹介されていませんが、EC-CUBEの構築事例でも、北海道新発見ファクトリーオンラインショップ様(構築:ボクブロック株式会社様)など、魅力的な越境ECの事例が公開されています。来年も引き続き、越境ECには注目です。

3位:メガネスーパー川添氏が語る、2年間でEC売上を3.3倍にした3つの改革とは?

Ve Japan株式会社 石川美沙氏による取材記事。FacebookやInstagram等、SNSを活用した集客手法に注目が集まる一方で、確実に効果を出せる手段としてメール配信が見直された1年でもありました。古い手法と組み合わせて、新しい手法も試していく。そんな姿勢に共感が集まったと思われます。

2位:2016年はモバイルウォレットが来る!Apple payやモバイル決済の未来はどうなる?

2015年後半、EC業界ではスマートフォンの利用者がPCを上回るという調査結果が発表され、2016年はスマホファーストやアプリ関連の話題が盛り上がりました。決済もスマートフォンでの利用に最適化していくことはこれからの時代、必須となるでしょう。安心で便利な決済手段について、ネットショップの壷では来年も最新情報をお届けしていきます。

1位:EC-CUBE 3.0系対応決済まとめ

1位は、2015年7月にリリースされたEC-CUBE3.0系に対応する決済サービスをまとめた、こちらの記事でした!

本記事が公開された2月15日時点では7社が3.0系対応を発表していましたが、現在は11社がオーナーズストアで3.0系対応決済プラグインが提供されており、引き続き、決済代行会社様より3.0系対応予定のお声をいただいております。
EC-CUBEへ決済プラグイン導入をお考えの方は、こちらより、最新のプラグインをチェックいただけます。

最後に

今年1年の振り返り記事、いかがでしたでしょうか?
EC-CUBEでは、2系も8月にサポート期限を当面延期と発表し、2系・3系とも便利にお使いいただけるよう、来年にはEC-CUBE公式サイトのリニューアルも予定しています!
2016-12-19_204623
まずは、インテグレートパートナーにご登録の皆様へ2017年1月にご案内を予定しておりますので、EC-CUBEをビジネスに活用中の制作会社様は、お早めにEC-CUBEインテグレートパートナーへご登録下さい!

※この記事はEC-CUBE Advent Calendar 2016に参加しています。明日は@amidaikeさん!よろしくお願いします。


このEC記事につけられたタグ