「“100%確実”に売上がアップする! 独自ECサイト立ち上げワンストップセミナー」レポート・前編

[2,080 views]

前

ECサイトを始める際には、ECのプラットフォームや決済手段・売上げアップの方法など、非常に多くのことを検討する必要があります。
今回は、ロックオン・売れるネット広告社・GMOペイメントゲートウェイ3社共催で、これから独自ECサイトを始めたいという方向けの情報を集約したセミナーを、福岡・東京・大阪にて開催しましたので、その様子をレポートいたします。

EC-CUBEの導入について

独自ECサイトを構築するためのECオープンソース「EC-CUBE」の導入について、福岡・東京ではEC-CUBE公式エバンジェリストで、EC-CUBEガイドブックも執筆された西村誠氏、大阪ではEC-CUBE 3.0系の開発経験が豊富なキュール代表 山村清史氏が登壇しました。
EC-CUBEの導入について

ECのプラットフォームはどうやって選ぶ?

まず、ECのプラットフォーム(モール・ASP・独自ドメイン等)はどうやって選んだらよいのか?というテーマについて、西村氏は、
「ASPは、できあがったECサイトをレンタルするようなもの。デザインは変更できるが、機能は変更できないことが多く、貸家に近いと思ってください。
一方、EC-CUBEは、常連客に独自ルールで割引をしたいなど、欲しい機能や連携したい外部サービスがあれば、自由にカスタマイズして自分だけのECサイトが作れる。増改築自由な、一戸建てのイメージです。ショップオーナーのための管理画面も、使い勝手がよいように変更できます。」
と紹介しました。
モールについては、独自ドメインの”本店”とは別に、モールに来る利用者に対して集客するために、”出張所”のような位置づけで展開されるケースも多いようです。

カスタマイズをしたいと思ったら

「EC-CUBEの『オーナーズストア』というサイトでは、デザインを手ごろな価格で変更できる”デザインテンプレート”や、プログラミングの知識無しに機能追加ができる”プラグイン”を配布しています。
提供されている商品以外のカスタマイズにはプログラミングの知識が必要なので、ここで『インテグレートパートナー』と呼ばれる我々のような技術者が必要になります」

インテグレートパートナーは、EC-CUBEのカスタマイズを得意とするパートナー制度に登録している制作会社のことです。EC-CUBEの構築依頼を受けたり、EC-CUBE本体のバグ修正、『開発コミュニティ』というEC-CUBE専用の掲示板での質問対応等を行っているため、EC-CUBEのノウハウ・経験を持っています。

カスタマイズをしたいと思ったら

インテグレートパートナーとの付き合い方

山村氏はインテグレートパートナーに登録してから、よくいただく問い合わせのパターンを紹介されていました。

「よくわからないので教えて欲しいという方、『こんなことはできますか?』と競合のサイトを提示される方、事細かに要望を書いて来られる方など、インテグレートパートナーに登録してから、思った以上にお問い合わせをいただきますが、何でも率直に聞いていただいて大丈夫です。
EC-CUBEのノウハウは持っていますが、店舗や商品のことを分かっているのはショップオーナーの方々なので、作りたいイメージを納得いくまで相談していただいて、ご縁のあった方をサポートさせていただきたいと思っています。」

西村氏も、「インテグレートパートナーはEC-CUBEのカスタマイズは得意ですが、やはり販売のプロであるショップオーナーが、しっかりと欲しいサイトのイメージを持ち、その見解を伝えることが必要です。」と語ります。

「パートナーをうまく活用するには、ECサイトを立ち上げた後の保守についても事前に相談しておきましょう。実際にサイトを運用してみて、初めて必要とわかる機能もありますし、立ち上げ後に、パートナーのサポートが必要になることもあります。公開前の段階で、公開後のことを考え、保守以外にも、商品公開の手順やSSL・ドメイン・決済サービスの申込手続など、ショップオーナーがするべきことを確認しておくようにしましょう」

後編に続く

カレーパン屋の店長を経てITの業界に入ったというユニークな経歴の西村氏や、自身でもサイトの運営を行っている山村氏。
お二人とも、会場からの質問には随時回答しながら登壇をされている、親しみやすい姿が印象的でした。
後編(こちらの記事)に続きます!


このEC記事につけられたタグ