予算は1万円!はじめてのネットショップ、はじめてのリスティング広告 【第一回】~何はともあれキーワード編~

[7,926 views]

予算は1万円!はじめてのネットショップ、はじめてのリスティング広告

はじめてネットショップを開業したとき、
まず最初にぶつかる壁が「集客」です。

SEO対策をちゃんと考えていても、
なんだかんだと、効果が出るまでには少し時間がかかるのが実情。

でもせっかくオープンしたんですから、スタートダッシュ切りたいですよね。
開店と同時にわーわー人が来てくれるデパートの感じ、うらやましいですよね。

そんな時にうってつけなのが「リスティング広告」です。

リスティング広告のすごさは、少額でも短期間で効果が見込めて、
かつユーザーに鬱陶しがられることも少ない。なんとも魅力たっぷりなシロモノなのです。

とはいえ、何をかくそう、リスティング広告の運用はド素人なわたし。
何からどうやって始めればいいのやら、オロオロ・・・

そんなとき、ナナメ上・・もといナナメ向こうの席から変な人の視線を感じます。

 ???

あ・・!リスティングのプロの人だ!
思いのほか救世主はめっちゃ近くにいました。へるぷみー。

というわけで。
ここから先は、実在する某和菓子屋サイトを使って、
はじめてのキーワード入稿から、出稿した広告の効果測定、改善プランまで、
実際に運用しながら勉強していきたいと思います。

※ちなみにわたしの実家です。
[広告]お歳暮や帰省のおみやげ、これからの季節にぜひどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回目のテーマ
予算は1万円!はじめてのネットショップ、はじめてのリスティング広告
         ~何はともあれキーワード編~━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ はじめに ◆

えんそう(えんそう) 先生、まず何からやったらいいですか?
キャンペーンとかグループとか作らないとですよね。
アカウント設計ですよね。わくわく。

Mr.X(Mr.X) うーん、まずはキーワードからでええんちゃう?

 

えんそうあれ?そうなんですか?
もっとなんかいろいろ最初に考えて、プランニングするもんかと。

 

Mr.X

まぁ本当はなー…プロとして考えるべきポイントはけっこう多いね。
品質スコアとか、様々な機能による最適化を見据えたキャンペーン構造とか。


でも、そのあたりって割と「何を優先するか」で変わってくるので、
はじめてのネットショップでとりあえず集客したい!ってことなら、
手っ取り早くキーワード洗い出してさくっと入稿してしまうのが良いかなと。
まずはやってみて、それから広げるなり狭めるなり、試行錯誤していきましょう!

 

◆ キーワードは一般名詞から攻めて吉! ◆

Mr.Xじゃあ、とりあえず商品名を思いつく限り出してみようか。

 

えんそううーん・・・
栗もなか、きんつば、三笠、黒納豆、ささやまタルト、まるごと栗ようかん。とかかなぁ。

 

Mr.X

おっ。いいねー。(まるで準備したかのようにつっこみ甲斐があるなぁ。)
じゃぁそれを次は、一般名詞と固有名詞に分類してみようか。


えんそうふむ。ちょっとよくわからんやつもありますけど、こんな感じです。

キーワード一覧

 

Mr.X

じゃあここで質問。
世の中に「固有名詞で認知されてる商品」って、どれくらいあるでしょうか。

 

これが案外少ないんよね。

たとえば、「ささやまタルト」とか「まるごと栗ようかん」は誰に知ってもらいたいか?
から考えたほうが良いかもしんない。
名指しで来るお客様はもちろんだけど、「タルト」とか「栗ようかん」とかを探してるユーザーには知ってもらいたいよね。

えんそうあ・・。たしかに。
最初から名指しは難しいですよね。

 

Mr.X

そしたら、その応用なんだけど、「三笠」ってたぶん方言なんよね。
(Wikipediaを眺めながら)

 

えんそうえ!!方言だったんですか!?ふつうに使う言葉かと思ってました!!

 

Mr.X

一般的にはたぶん「どら焼き」やから、「どら焼き」も登録したほうがいいかもね。もちろん「三笠」って言う人もいるやろうから、「三笠」は消さなくていいよ。


では、最後の質問。
栗もなかは「もなか」じゃだめ?黒納豆は「甘納豆」とか「納豆」ではだめ?

えんそう

とりあえず「納豆」がだめなことだけはわかります。
でも「栗もなか」か「もなか」のどっちがいいかはわからないです・・。

 

Mr.Xそやねん。「納豆」みたいな明らかな例はさておき…ではあるねんけど、
やっぱり少しでも「ユーザーが検索しやすいワード」に拡げてやるほうがよくて。

まぁ個人的には迷ったらどっちも出稿してしまえばいい…と思うねんけど、
とはいえ予算にも限りはあるし、ムダ打ちはしたくないから。

ここでひとつ、便利なツールを覚えておこうか。

 

◆ キーワード別の検索ボリュームを把握する ◆
~ Googleキーワードプランナー ~

Mr.Xこの「Googleキーワードプランナー」を使うと、費用の見積もりや、キーワードの発見ができます。
GoogleAdwordsの管理画面から使えて、しかも無料。

キーワードプランナー1

完全一致か、部分一致かで結果は変わってくるから両方見ておくのがおすすめ。

(※マッチタイプの説明についてはこちら

 

えんそうちなみに完全一致と部分一致って、どっちがいいんですか?

 

Mr.X一長一短なので、「自分がどれだけギャンブラーか」で決めてもらうのがよいかなと。

完全一致のほうがリスクは少ないけど、部分一致で最初からある程度出してしまうのも、短期的に流入を稼ぐにはよい作戦だったりするよ。

部分一致で最初は広めに攻めてしまって、後から効果の高いところに狭めていくか、
完全一致で狙い撃ちしながら、こつこつ広げていくか。

セオリーだと、完全一致・部分一致を両方入れておいて、部分一致の入札はとても低いところから徐々に上げていく…というのが一般的。
(本当は「絞り込み部分一致」が最近は人気だけど、説明すると長くなるから今回は割愛)

あとは予算と相談かな。

えんそうふむふむなるほろ。
じゃあじゃあ、まずはこれで登録しようと思います!!

 

キーワードプランナー2

 

Mr.X

お。梅角堂(店の名前=固有名詞)も入れるんやね。

 

えんそう老舗なんでそこそこいけるかと思って!(ドヤ)
というのは半分冗談で、
せっかくお店の名前で検索してくれたのに、出迎えてあげられなかったら申し訳ないので。いらっしゃいませ的な感じです。

Mr.Xいいね!それなら「ばいかく堂」って検索すると今は自然検索でも拾われないみたいだから、こっちにも出しておくといいかもね。
そういう「数は期待できないけど、ちゃんと入り口を用意しておく」発想はだいじ。

えんそう

これでついに私もリスティング女子ですね!むふふ。

 

Mr.Xそうは問屋がおろさんくて…。
第1回で出稿まで行けると思ったら大間違いやでw

 

えんそうがーん。。

 

 

<第2回へつづく・・・>


このEC記事につけられたタグ