ネットショップのスマホ最適化の現状になんとも腑に落ちない

[9,066 views]

壺用見出し「ネットショップのスマホ化(スマートフォン最適化)は重要だ」とは聞くのですが、なんとも腑に落ちない。

「腑に落ちないので、ネットショップのスマホ化は見送っている」そんな方もいるのではないでしょうか?

特にネットショップの運営においては、日常業務のほとんどをPCで行っていたり、ECサイトもPCメインで運用している方も多いので、運営者自身がスマホで買い物をすることが無いのではないでしょうか?
スマホ化に踏みきれない要因の1つかもしれないですね。

しかし、グーグルなどは「スマホの最適化をしなさい」と広報しています。

Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法

人によっては、「スマホの最適化を行っていないサイトは、自然検索経由のアクセスが落ちる」という人もいます。

そこで、このページでは

ネットショップのアクセス状況を2年程度前からさかのぼって「スマホ化導入サイト」と、「未導入サイト」を比較しながら、アクセスデータの各数値がどのように変化しているのか?

 

を調べていきたいと思います。

 

ネットショップへのアクセスはスマホからの増加が顕著

ご紹介している図は全て、2014年5月時点を1として、過去3ヶ月前毎の月間データをグラフ化しています。

つまり、過去に遡る度に、数値が小さくなっているグラフはアクサセスが増えており、逆に数値が大きくなるグラフはアクセスが減っています。

なお、データ集計しているネットショップの業種はアパレルで、売上規模は100~500万円程度です。

アクセス全体

PCのみのネットショップは2年でアクセスが50%程度に半減してしまっています。
尚、スマホ化されたネットショップは200%以上のアクセス向上が見受けられます。

PCからのアクセス

PCのみのネットショップは2年でアクセスが30%程度に半減してしまっています。
尚、スマホ化されたネットショップはアクセス変化はありません。

モバイルからのアクセス

PCのみのネットショップのアクセス変化はありません。
尚、スマホ化されたネットショップは300%以上のアクセス向上が見受けられます。
アクセス数

集計データを見る限り、2年間でアクセスが増えた部分は、スマホ(モバイル)からのアクセスの増加分がそのまま、自社サイトのアクセス増加に繋がっていることが理解できます。

今のところ、、、スマホ最適化しても自然検索経由が増加するわけではない

スマホ最適化されたネットショップと、スマホ最適化されてりないネットショップには、アクセス変化の大きな違いが見受けられる結果になったのですが、これは自然検索経由のアクセス低下が原因なのでしょうか?

自然検索経由のアクセスをまとめた結果、上図と、下図の傾向がほぼ同じようなグラフになりました。
自然検索流入

スマホ最適化されたネットショップと、スマホ最適化されていないネットショップに対して、自然検索経由以外の、ダイレクトやノーリファラーも同じように増えているということなので、「スマホ最適化すれば自然検索経由の向上が増える」という結果にはなりませんでした。

個人的には、もっと、PCのみのサイトは自然検索経由が落ち込むと想定していましたが、
今の所は・・・スマホ最適化がアクセスに顕著な影響を与えるほどではない様です。

 

ただし、これは、「検索ユーザーにとって、どちらがいいか?」が判断基準になるはずなので、今後は影響を受ける可能性はあります。

 

必要な個所に、必要な投資を行っていることが大切

この記事を書くためにデータを集めている時には

「スマホ最適化しないとこんなに影響を受けますよ!!」

となるようなデータになればと思ったのですが、今回は、そうはなりませんでした><

 

ただし、スマホ最適化をしているネットショップは必要な個所に、必要な投資を行っている運営者であり、ネットショップ運営に対しても非常に頑張っている運営者です。

 

そんな運営者がいるネットショップは、継続的に売上、アクセスも右肩上がりになっています。

 

スマホ最適化するだけではいけない

データで語ってみようと思ったのですが、、、精神論的になってきましたが
スマホテンプレートを導入するだけのスマホ最適化はマイナスになることもあります。

下図は、スマホ最適化されたネットショップのCVRをまとめたデータです。CVR

このデータを見る限りには、CVRはPC、スマホ共に大きな違いは出ないということになります。

しかし、今回集計したネットショップ以外にも様々なネットショップをチェックしたのですが、PCとスマホでは5倍程度のCVRの差がある事例もありました。

PCとスマホのCVRの差が激しいネットショップは、「商品詳細ページのコンテンツ量などがPCと比べて非常に少ない」など、スマホサイトがPCのおまけ的な運営をされているネットショップに多く見られる現象でした。

 

ネットショップのスマホ最適化の現状のまとめ

スマホから売上増加がネットショップの増収に直結

通常はPCのアクセスが下がって、スマホが伸びるですが、成長しているネットショップはPCをキープさせて、スマホを大きく伸ばすイメージで成長しています。

スマホ最適化は今なら間に合う

2,3年前からスマホ最適化しているネットショップがアドバンテージを持っているのではと考えていましたが、今時点では顕著な傾向は見てとれませんでした。

ただし、今なら・・・の前提条件付きですので、スマホ最適化がまだの方は、なるべく早く行うことをおすすめします。

テンプレート対応のスマホ最適化はマイナス方向に行くことがあります

テンプレート対応のスマホ最適化だけでは、CVRを逆に下げてしまっているネットショップもあります。

PCと比較して著しく違いがある場合は、対策を検討しましょう。

ライタープロフィール

山本 稔
山本 稔株式会社アラタナ
株式会社アラタナ 取締役
山本 稔(やまもと みのる)

1978年(昭和53年)2月5日
2008年 リクルートにて営業に従事。
リクルート在籍時代には通期MVPを受賞するなど営業実績を残す
2010年 株式会社アラタナに入社。取締役就任。

このEC記事につけられたタグ