ECサイトと他システムの連携は何故必要なのか?


今回は、ECサイトと他システム間で、データ連携を実施するケースについて
ニーズとメリット、デメリットについてご紹介します。

①システム間連携の背景

1

ECサイトのシステムを運用していくに当たり、
サイト規模が大きくなるとともに、情報管理コストも大きくなります。

・ECサイトを複数展開している
・在庫を一元管理したい
・実店舗とECサイトの顧客の傾向分析

等、集まる情報量と共に管理すべき情報は飛躍的に増大します。

そこで登場するのが、システム間連携で、
一元的に情報を管理するニーズが企業には発生し、
それをシステム間が接続、データをやりとりすることにより実現します。

②代表的な例

ECサイトのシステムと、販売物流関連を管理する基幹システムが
存在する場合の代表的なニーズとして

1.受注データ連携

ECサイトの受注データ→基幹システムへデータ登録

実店舗や他ECサイトでの受注情報の統合管理

2.商品データ連携

2

基幹システムのマスタデータ ←→ ECサイトへ同期
基幹システムの在庫情報 ←→ ECサイトの在庫情報の同期、引当等

等があります。
決して目新しいことではなく、常にシステムを管理する側として抱える課題の
解決手段としてシステム間連携はあります。

③メリット

・データの統合管理による情報の可視化
・管理者の運用作業効率の向上
・オペレーションミスによる誤登録等を削減

④デメリット

一方で、血の通ったシステムにカスタマイズしていくことによる
デメリットも上げられます。

・連携システムの仕様を考慮したシステム改修の必要性
・基幹システムの稼働条件にECサイトが影響

現在では
デメリットをできるだけ抑えた形のデータ連携サービス等も多数展開されています。

システムを一度作ったら10年は大丈夫!
ということは、なかなか販売を担うECサイトではまいりません。

ECサイトは経営戦略に則った、スピーディな変化が求められます。

システム間連携は手段こそ時代により変化しますが、
企業成長の足かせにならないカスタマイズや、ツール導入の検討し、
効率化、可視化により、経営戦略を加速させるものである必要があります。

ライタープロフィール

株式会社ロックオン データソリューション部
株式会社ロックオン データソリューション部株式会社ロックオン(EC-CUBE開発元)
株式会社ロックオンは、日本発NO.1ECオープンソース「EC-CUBE」開発元として、ECの構築はもちろん、「戦略」から相談できる数少ない企業です。また、データマネジメントから改善レポート、ウェブからリアル、戦略立案からシステム開発まで幅広くかつ一気通貫でご提供。豊富な知見と実績で、デジタル戦略をトータルに支援いたします。
http://www.lockon.co.jp/ec-solution/

このEC記事につけられたタグ