【サイト運営者、制作者必見】ネットショップ決済トレンドと成功事例! ~定期購入モデル~

[7,484 views]

運営者、制作者ともに必見!ネットショップ決済トレンドと成功事例!~定期購入モデル~はじめに

ネットでビジネスを行っているネットショップでは、各ショップが取扱っている商品・サービスに適した形態で、営業を行っているかと思います。その中でも、今回は定期購入モデルについて、決済の観点からご紹介致します。EC-CUBEで構築されたネットショップの中でも、この定期購入モデルを採用しているショップが多くあります。プラグインでは「定期購入プラグイン」として、複数の決済代行業者から専用のプラグインがリリースされております。

定期購入モデルとは

定期購入モデルは、健康食品、化粧品、コンタクトレンズ等、一定の期間が経つと必ずどこかで購入する必要がある商材や、月額の利用料金が発生するサービスを取扱うネットショップで導入されております。決済の仕組みとしては、毎月一定額をクレジットカードで継続的にエンドユーザーへ課金します。最近では、後述でご紹介している事例のように、この仕組みを利用した新しいサービスも増えてきております。

トップロゴ

メリット

エンドユーザーのメリットとしては、健康食品、化粧品、コンタクトレンズ等、一定の期間が経つと必ずどこかで購入する必要がある商材を、いったん定期購入として登録してしまえば、毎回ネットショップで手続きする手間が省けます。加えて、買い忘れの防止にもなります。また、定期購入に登録しているエンドユーザーを、特別割引の対象にしているネットショップもあり、コスト面でもエンドユーザーはお得となる場合があります。

ネットショップ側のメリットとしては、定期的に自社製品、自社サービスを購入して頂ける優良顧客を囲い込むことができ、まとまった売上を毎月確保することができます。

定期購入モデルでネットショップを運営するポイント

定期購入モデルでネットショップを運営するポイントとしては、マーケティング面、システム面のポイントがあります。

まず、マーケティング面のポイントとしては、いったん定期購入に登録したエンドユーザーへ、定期的に有益な情報をメール等で送る等、定期購入をやめないよう、常に自社のファンでいて頂く工夫が必要となります。また、一部のネットショップ様では、定期購入を途中でやめた方に架電を行い、ヒアリングも兼ねて、再度登録頂くようご連絡をしている先もあるようです。マーケティング面は、商材・サービスによってそれぞれ特性があるかと思いますので、各ショップに適した手法を採用する必要があるかと思います。

次に、システム面のポイントですが、こちらはクレジットカードの有効期限を自動的に更新する機能を搭載している決済サービスをオススメしております。クレジットカードは有効期限がありますので、自動更新に対応してない決済サービスの場合、定期購入に登録していても、有効期限が切れた場合、再度登録をして頂く必要があります。その際、登録が煩わしい等の理由から、定期購入をやめるエンドユーザーが少なからず発生します。定期購入からの離脱を防ぐためにも、エンドユーザーの手間減らすような対応が重要となってきます。

その他システム面では、EC-CUBEの管理画面と自動連携させる運用方法や、前月の売上を一定まで担保するフロアリミットというサービスを搭載している決済サービスもあります。より詳細をお聞きになりたい方は、個別に決済代行業者へお問い合わせ下さい。

EC-CUBEでの定期購入モデルの事例

下記の2サイトは、定期購入モデルをEC-CUBEで搭載し、成功されているサイトとなりますので、是非一度ご訪問してみてはいかがでしょうか。

bond!

■サイト名:bond!
■サイトURL:http://bond-giftforparents.com/
■運営会社:株式会社Scratch Boy
■サービス・商品:親孝行ギフトサービス

7つの商品コースの各専門家が、マイスターとして厳選した商品を定期的にお届けし、それを両親にシェアできる。

BULK HOMME

■サイト名:BULK HOMME ONLINE STORE
■サイトURL:http://bulk.co.jp
■運営会社:TSUMO・JP株式会社
■サービス・商品:メンズコスメ

「本来の再生力に働きかけ、肌ダメージをやわらげる」機能性と「つけたことを忘れるほど自然な使用感」を探求した、[The Face Wash] [The Toner] [The Lotion]の主力3製品を販売。定期購入が可能。

今後の対応予定の決済手段

今後、EC-CUBEペイメントでは、今年の夏をめどに、キャリア決済でも継続課金ができるよう対応する予定(auとドコモで対応予定)です。物販だけでなくデジタルコンテンツ等、EC-CUBEで取扱われる商材・サービスは、日々多様化しております。今後ネットショップを運営する上で、ショップ運営者は自社で取扱う商品・サービスに最適な決済サービスを搭載することが重要になってくるかと思います。決済については、決済代行業者が専門に取扱っておりますので、これからネットショップを始める方や、既にネットショップを始められていて新しい決済手段を搭載されたい方は、一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

EC-CUBEペイメント 広報担当
EC-CUBEペイメント 広報担当EC-CUBEペイメント(提携会社:GMOペイメントゲートウェイ株式会社)
EC-CUBE公式決済として、1000店舗以上の店舗様に導入頂いており、「公式だからこその充実機能」「店舗主様と同じ目線の手厚いサポート」をテーマにサービス提供しております。
2009年10月に誕生し、おかげさまで5年目に突入しております。

このEC記事につけられたタグ