ニュース

EC-CUBE2.12.5 正式版をリリースいたしました。5件の脆弱性対応含む不具合修正を実施。(2013/06/26)
■EC-CUBE2.12.5 正式版リリースについて
5件の脆弱性を修正した、EC-CUBE2.12.5のリリースを行いました。

昨今、個人情報漏洩等セキュリティ問題がECの分野でも相次いで発覚しております。
今後も安心してEC-CUBEをご利用いただけるよう、セキュリティ強化対策を現在の最重要課題
として開発に取り組んでおります。
この度、セキュリティ強化対策として、緊急度の高い不具合を修正した最新バージョン
EC-CUBE2.12.5をリリースいたします。
より安心・安定した最新バージョンになっておりますので、是非お使いください。


■ダウンロード
こちらのページからダウンロード可能です。

■EC-CUBE2.12.5での修正点
5件の緊急度の高い不具合を修正したバージョンです。

 ●詳細な開発項目は以下EC-CUBE開発Tracをご確認ください。
  ・EC-CUBE2.12.5開発項目(EC-CUBE開発Trac)

 ●2.12.4から2.12.5への修正ファイルは以下よりダウンロードが可能です。
  ・EC-CUBE2.12.4 ⇒2.12.5修正ファイル(eccube-2.12.4_2.12.5-update.zip)
   変更点の詳細はEC-CUBE Tracを参照してください。

<既にEC-CUBEをご利用の方は必ずご確認下さい。>
全EC-CUBEのバージョンにおいて中度の脆弱性
及び、2.11.2以降においては深刻な脆弱性が発見されました。

ご利用のEC-CUBEのバージョンをご確認の上、対策を早急に講じて頂きますよう、よろしくお願いいたします。
(本脆弱性における被害報告は現在ございません。)

【対象バージョン】
2.4.4以下
2.11.0
2.11.1
2.11.2
2.11.3
2.11.4
2.11.5
2.12.0
2.12.1
2.12.2
2.12.3
2.12.3en.p1
2.12.3en.p2
2.12.4
2.12.4en

※バージョンの確認方法
EC-CUBE管理画面へログイン後のホーム画面にてご確認頂けます。
また、カスタマイズによってシステム情報が表示されない場合は、以下のファイルをご確認下さい。
- data/class/SC_Initial.php(40行目付近)
<例>-------------------------------------
/** EC-CUBEのバージョン */
define('ECCUBE_VERSION', '2.12.4');
-----------------------------------------
上記の例の場合、EC-CUBEのバージョンは2.12.4となります。

【脆弱性】
 ・ディレクトリトラバーサルの脆弱性
 ・コードインジェクションの脆弱性
 ・クロスサイトスクリプティングの脆弱性
 ・クロスサイトスクリプティングの脆弱性
 ・ディレクトリトラバーサルの脆弱性

脆弱性の確認方法・修正方法については下記のページをご参考下さい。
http://www.ec-cube.net/info/weakness/20130626/index.php


■システム要件
インストールの前に、お使いのコンピュータが システム要件 を満たしているかどうかご確認ください。


■EC-CUBE導入の流れ
EC-CUBE(オープンソース版)の導入の流れは こちらのページ をご確認ください。


■EC-CUBE2.12に関して
 ●EC-CUBE2.12 特設サイト
※EC-CUBEのダウンロードには会員登録(無料)が必要です。

■オーナーズストアとプラグインに関して
EC-CUBE2.12.0リリースよりオーナーズストアにてプラグインの配布が開始されました。
プラグインは誰でも自由に作成し、そしてオーナーズストアに登録・配布していただくことが可能です。
オーナーズストアサイト
ニュース一覧はこちら

PAGE TOP